Advertising

www sleeping porno


私は私が私が上に書いた物語のために会った医者と経験したことを教えてくれます
ネット 約5 6ヶ月前、私はある日、msnをオープンしました
そして、私が知らない誰かがそれを追加しました。 私は同意した。 私はオンラインで見ました。 I
あこんにちは. 彼は自分自身に自信を持ってタイプを与える場合は待っていた。 Aの後に
彼が私を迎え、私たちは話し始めました。
彼はmsnからそれをどこで得たか尋ねる行っていたかどうか尋ねたか。 どこで手に入れたと言ったの?
彼は私があなたがインターネットで書いたあなたの話からそれを得たと言った。 彼女はすべての女性が読む必要がありますというタイトルの私の話,
そして感銘を受けたので、彼女はそれを追加しました。 彼は結婚していたと言った。
彼はあまり話をするタイプではありませんでした。 アフラtafra naz maz私は見て、彼は退屈です
人。 彼はまた、イスタンブールの外、つまりトラブゾンに住んでいました。 私はあなたと言った
話はしないでください。 彼は部屋は大丈夫だと言った、私はすでにウォームアップしていない。 I
彼は何をしていたか尋ねた。 私は医者や弁護士を得た場合、私は彼に別のチャンスを与えるだろうと思った
. その理由として、私はほぼすべての職業の女性と一緒にいました
しかし、私は医師や弁護士である女性とされていません
. 私の医者は言った。 私は一瞬のためにそのようだった。 それは偶然です、博士,
しかし、彼は退屈な医者です。 私は何をすべきか考えていた、彼は何が起こったのか、なぜしたと言った
あなたは尋ねますか? そんなこと言ってない とにかく、彼は私が去って去ると言った。 結婚している
そして、医者は私がそれを削除するのを妨げました。 もちろん、私は尋ねなかった、彼は可能性があります
イスタンブールに来ますか? 半時間または時間の間に渡されました,
彼は再びmsnを開いた。 彼はあなたが私を削除しなかったかどうか尋ねました。 いいえ私は削除しませんでした
私は言った。 “それは削除ですか?「彼は尋ねた。 私は言った、あなたはイスタンブールに来る機会がありますか?
はい、彼はたまに来ると言った。 これらは今のところ十分でした。 私たちはdeepを始めました
会話。 最初の退屈はなくなっていた。 彼はフレンドリーで誠実だった
. 私たちは長さとすべてについて話しました。 私たちは仲良くなった
まあ その後、私たちはZeynepと頻繁に話し始めました。 パソコンから理解したので,
彼は頻繁に質問をしていた。 私は助けていた。 彼は私を呼んだ
今、彼の救世主天使。
彼はいつも私に、いつか私はあなたを驚かせてあなたに来ると言いました。 私たちは電話で何度か話しました。 私達はmsnでビデオ雑談に頻繁に使用しました
. 彼女は非常にセクシーな女性だった。
私は彼と夜を過ごすことを夢見ていました。 私たちは朝まで愛をノンストップにするつもりだったと思った。
彼の唇は私がいたようにセクシーだった
話をしながらも口に入れてしまう瞬間を夢見ていた。 私はしばらくオンラインになっていません。 かなり長い間持っています
合格しました。 ある日、Zeynepは夕方に私に電話し、それを言った
彼女はイスタンブールにいた 彼はタクシムのホテルに滞在していた。 グループは、セミナーのためにイスタンブールに来ていた
. 彼は私がグループを離れるのは難しいと言ったが、私は方法を見つけるだろうし、私は間違いなく
あなたのところに来てください。 私は彼に私の自宅の住所を与えました。
私は彼が私の家にまっすぐに来て欲しかった。 私はそれを手に入れることができますが
私は彼に自分で来るように言った。 何らかの理由でこれは私をさらに興奮させます。 あなたが知っている、女性は彼女の上にあります
道とあなたに向かって来ています。 冒険を持っていることの夢はすぐになります
あなたは興奮しています。 彼は最初にノーと言ったとしても、彼はそれを受け入れませんでした。
肉だ 私はファティのメインストリートに住んでいるので、それは
女性が家に来るのは問題ではありません。 私たちは建物の前で会いました。
私たちは握手をし、密接にキスをしました。 彼は背が高く、魚だった。 私たちは一緒に家に帰りました。 私たちはお互いに電話していました
私の愛。 彼は非常に美しい目を持っていた。 私はソファに座っていた
私の膝の上に彼の頭と一緒に部屋で、敷設。 彼は恐れていたと私に言った。
私はそれがあなたを怖がらせることは何ですかと言いましたか? “私は恋に落ちるのが怖い”と彼は言った。 彼は言った、”あなたは明日私を忘れることはできません
」と彼は言った。 私は私の愛を言った、私は今まであなたを忘れてしまいます。 嘘つきは言った
、私たちは一緒に笑った。 私たちは食べ物を注文しました。 私はシャワーに入った。 私はシャワーから出た
、注文が来て、私たちは私たちの食べ物を食べました。 私はしかし食べていない女性の病気になります
. 一口食べたらお腹いっぱいって言わないの? オー-マイ-ゴッド
ともかく. 夕食後に寝ようと言ったんだ 彼は私がここで大丈夫だと言っています。
私はあなたが私があなたを抱きしめてあなたを連れ去ることを望むことを理解していると言いました。 彼はイエスと言った。 あなたが知っている
、女性が同軸にしないことは可能ですか? 私は彼を抱きしめて、彼をベッドに連れて行きました。 ゼイネプ
これから教えてくれます。
こんにちはっZeynep#61514;タクシーに乗ったホテルの目の前、私はお気軽にお
Trabzonでさえタクシーに乗って、残りについて考えてください。 乗りましたが、
千匹のキツネが私の脳の中で回転している、それは22:30です、または
私の友人の一人がホテルでそれを見た場合、私はこの時間にどこに答えますか? とにかくタクシーに乗って
そして、私はまともな誰かが私から出てくることを祈ります、私は問題がないことを願っています。
もちろん、途中で、彼は運転手に電話し、ルートを説明しました。 ベルカントが、私は
私はまだ非常に奇妙でした。 どうすればそんなことができるのですか? の真ん中にイスタンブールでタクシーに乗る
夜は、あなたが知らない男の家に行く、それはない
仕事、私は冒険に行くよ私は私の運命が何であるかを取るように
. ベルカントが来る前に私たちは家の前にいました。 私はタクシーに座っている、私の目は
道路では、車が私の後ろに停止し、私はお金を準備し、私は運転手にそれを渡しました,
彼に感謝し、すぐに降りた。 彼はベルカントの車から出て、彼はタクシーから私を連れて行きました,
彼は私を支払うことを試みた、私は私がそれを与えたと述べ、私の目的は、からできるだけ早く家に帰ることでした
通りだ ところで、私はそれが私がカメラで見るものと異なっているかどうかを確認するために暗闇の中で見ています,
多分それは私もです。 彼はアパートの外側のドアを開け、ライトが壊れていた
そして、私たちはタバコのライターと電話のライトで最上階に上がりました。 手に小さな袋
スーツケースがいつもこの家を使わないのは遊牧民のようなものです。 彼は別のフラットを持っています
そして、彼は通常そこにとどまります。 彼はドアを開け、私たちは家に入った、それはです
彼は長い間家にいなかったことは明らかですが、彼は事前にあなたに知らせなかったので怒っています
.
特に隣の人を知らないと、知らない閉ざされたエリアに入るのは難しい感じです。 私はこれがどのように終わるのだろうかと思っていますが、私は
‘mは、ソファの一方の端に座っています。 途中、生のミートボール
サラダのように新鮮に食べられますが、私は生のミートボールを食べません。 彼女は私を食べていませんでした
だから彼女は再び食べ物を注文し、シャワーを浴びた,
神は私の心を通って行くものを知っている。 彼はアスリートのショートパンツに身を包んだ、シャワーから出て、食べ物が来た,
私たちはソファに座っていましたが、何も私の喉を通過していません。 とにかく
私は少しウォームアップしようとしていると私は私たちが経験するつもりだか疑問に思います。 私は彼の首に横たわっていた
、彼の髪を撫で、彼はカメラに表示されません、私が作る
彼の楽しさ彼は違うので、それは彼が雰囲気をリラックスしようとしているようなものです。 私たちは、寝室に行ってきました私の
神、巨大でスタイリッシュなベッド。 このベッドで他の誰かと寝ることの考えは、ドライブします
私は狂った。 彼は常夜灯をオンにし、薄暗い光の下でベッドの上に横たわっていた。
後で寝ようと言ったけど彼はすでに私を服を脱ぎ始めている。
私は赤いカーディガンを着ている、彼はゆっくりとそれをボタンを外し、それを脱いだ
、私は下に私の白いシャツを残していた、私はブラジャーを着ていませんでした。
彼はベッドの上に私を置いて、ゆっくりと私の下に短いジーンズをボタンを外し
そして私の足からそれらを引き出しました。 キスと舐めすべての私の上に
開始しました。 彼はキスをしていた、それは私たちが私の喉に彼の舌をなめたかのようだったとはありませんでした
部屋は私の口の中に残っていました。 彼は舐めていた
彼の舌で私の耳たぶは、彼らが前にこのようになめされたことがなかった、非常に挑発的な感じがあった
片手で私の乳首を絞る。 彼は
舐められて——
私の首から私のつま先まで、ゆっくりと、急いで味わうことなく、私のあらゆるインチにキスをした。 彼は舌で私の上を探検しようとしていました。
私は私の足から立ち上がっている間、彼は離陸しました
私の下着は一つの動きでそれを投げ捨て、私はすでに浸していました。 彼は離れて私の足を広げ、
嗅ぐと私の女にキスを始めた。 しかし、それは彼がいたように異なっていた
彼の指で彼の唇を分離し、それは彼が内部の場所を探していたかのようでした。 すごいぞ!
彼は私を舐めていた。 彼は彼の舌を使用していた
完全に、彼は彼の舌で私をクソしていたかのように。 考えはありませんでした
もう私の心の中に残っていますが、この瞬間を生きるために。 彼は私、私の足の間にひざまずいて、一瞬のために一時停止した
大丈夫と言った、私は理由を言った、彼はそれを長く保つように言った。 彼はきれいにし、マッサージしました
、キスとなめ、彼は彼をこすっていた
すべての私の足の上にディック、私は狂っていた。 彼は地面に彼の膝を入れていたと
私の膝で私の足を保持し、彼はゆっくりと私に入り、彼はもうそれを立つことができませんでした。 それは
来て、高速に行くようになったかのように、底を見つけることができませんでした。 彼の手で、彼はあった
私の腰を撫で、私の胸を絞る。
私にはそのような喜びがあり、それが突然爆発して私に注がれました。 私たちは赤ちゃんを持っている場合に備えて
いたずらなことをからかっています。 私たちは起きて、掃除をするためにトイレに行きました。 でも
角質の事は十分ではなかった、我々は再びベッドの中で自分自身を発見し、この時間は、我々がいた
お互いを十分に得ることができなかった二人の恋人のように抱きしめ、セックスをするだけでなく、私たちは
彼らはそれを引き裂いていたかのように私の唇にキス、キス。 の角質
チンポがまた起きた。 彼は私の上に私を取って、彼の手で私の中に彼のディックを置いた、私はあった
それに飛び乗る。 彼は私の胸を絞って、キスして噛んでいました。 私が疲れたとき
それは、私は再びそれの下で眠って、それは素晴らしいやっていた。 それは私の女がいたように濡れていた
しばらくの間、疑わしい、私は言った、それは血です、私は何を探すべきですか。 いいえ、私は
喜びの水で完全に濡れていた。 それは彼がセックスのために作られたようなものです
. 彼は私に私の女性らしさを感じさせ、私は彼の腕の中で私の体を発見させました。
私を信じて、私は何回覚えていない
私たちは射精しました。 彼は言った、”滞在、のは、一緒に寝てみましょう、私は得ることができない
あなたの十分な、私たちは朝まで愛を作るよ、私は早朝にあなたを取るよ。”
私は立ち上がって、私の携帯電話が鳴った。 彼らは私のことを疑問に思って、私は言った、お願い、私は行かなければならない。
彼は手放すことを望んでいなかった、彼は眠りましょうと言った、私はあなたと一緒に滞在したい、私はしたいと思います
朝の最初の光であなたに愛を作る、私の愛が、我々はプッシュすべきではありません
限界だ 彼は服を着た。 私たちは沈黙の中で階下に行きました。 私たちは車に乗った
そして、私は道路のために非常にのどが渇いていました。 彼は私の肩に腕を入れて、私は彼の膝の上に寄りかかった
、彼の手を握って、私たちが去るまで、私たちはお互いを残したことはありません。 しばらくの間、トラフィックは重かった

Already have an account? Log In


Signup

Forgot Password

Log In